クレジットカード

【少額決算でもカード】ポストペイ型(後払い型)電子マネーなら少額決算でも恥ずかしくない!

投稿日:

小額決算でもカード

皆さんこんにちは得する情報館管理人です。

 

クレジットカード使っていますか?

クレジットカードを使っている方は分かると思うのですが、少額決算の時ってカードを使うのをためらってしまう時ってありますよね。

例えば

  • ジュース一本のためだけにカードで払う
  • アイス一個のためだけにカードで払う
  • 弁当一個のためにカードで払う

などなど、数百円の買い物のためだけにクレジットカードを使うのはちょっと...

そうなってしまう方も多いと思います。

 

もちろん、クレジットカードに最低利用金額は設定されていません。

たとえうまい棒1本を買うためだけだとしても、クレジットカードを使うことはできます。

 

ではなぜためらってしまうのでしょう。

やっぱり「店員さんからこんな少ない金額でもカードを使うのか」と思われたくないから。

 

これが一番強いと思います。

 

今回はそんな方のために記事を書いていこうと思います。

クレジットカードに最低利用金額は設定されていない

まず大前提として「クレジットカードに最低利用金額は設定されていない」ということを頭に入れといてください。

先ほどもお伝えしたように、たとえうまい棒1本のためだけにもクレジットカードを使い決算することが可能です。

 

極端な話1円の決算にもクレジットカードを使うことができます。

 

ただし店舗によってはクレジットカードの決算手数料を気にしてしまい「最低〇〇円以上の利用でクレジット決算可」というように設定している場合もあります。

その場合はその店頭の指示に従いましょう。



電子マネーを活用しよう

少額決算でクレジットカードを提示して支払うのは少し気が引けてしまいますよね。

 

しかし、電子マネーならばどうでしょうか。

たとえ100円の決算でも電子マネーならば使いやすいのではないでしょうか。

 

特にオススメなのはホストペイ型電子マネー(後払い式電子マネー)と呼ばれる「ID(アイディー)」や「QUICPay(クイックペイ)」になります。

これは「楽天Edy」や「nanaco」「WAON」のようにかざすだけで支払いが完了する電子マネーになります。

 

唯一違う部分。

それは「楽天Edy」や「nanaco」「WAON」はあらかじめチャージしなければ使えないのに対し「ID」や「QUICPay」はチャージ不要で利用できる電子マネーになります。

「ID」や「QUICPay」で利用した分の金額は後日紐付けられたクレジットカードへ請求されます。

iPhoneやAndroidでも使えます

「ID」や「QUICPay」はiPhoneやAndroidでも使えます!

 

なので何枚もカードを持ち歩くような煩わしさも不要です。

「ID」や「QUICPay」は

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン

などのコンビニエンスストアやイオンなどのスーパー

さらにはマクドナルドなどのファーストフード店など幅広く使用することができます。



まとめ

クレジットカードで少額決算をするのはなかなか気が引けることですが、電子マネーならば気軽に利用することができます。

さらに「ID」や「QUICPay」はチャージ不要で利用できる「ポストペイ型電子マネー(後払い式電子マネー)」であるため「楽天Edy」のように残高を気にすることなく利用することができます。

 

もちろん「ID」や「QUICPay」を使った金額分は、紐付けられたクレジットカードのポイントシステムに則りポイントをゲットすることができます。

例えば、100円で1ポイント貯まる「楽天カード」で2,000円分の買い物をQUICPayで支払った場合、20ポイントもらうことができます。

 

現金で支払っていてはポイントはもらえません。

少額決算の積み重ねでかなり大きなポイントをもらうことができるので、いままで「こんな少ない金額なら現金で良いか」と思っていた方も、電子マネーという方法で間接的にクレジットカードを利用していくのはいかがでしょうか。

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

今後とも得する情報館をよろしくお願いいたします。

-クレジットカード

Copyright© 得する情報館 , 2018 All Rights Reserved.